2015年9月2日水曜日

経営戦略やコンサルティング

アメリカから帰国して、なんちゃってコンサルタント(自称)として働き始めた私は、MBAから学んだことの再復習とコンサルティング業に必要なスキルやコンサルティングとは何かを理解することを目的として書籍を漁り始めます。

MBAではBusinessをScienceと捉えて様々な個々のBusinessから帰納的にMethodologyを導き出し、そのMethodologiesを学びました。たくさんの結果から法則を導き出してその方法論を学ぶということです。(同じことを2回いいました)

経営戦略や事業戦略に関しては、MBAでもStrategyやTechnology Strategyという科目は履修していたのですが、私が通っていたスクールではそうなのか、それとも他校でもそうなのかわかりませんが、Entrepreneurshipでは「戦略はほどほどにやってみないとわからないでしょう。」ということで(もちろんBusiness Planningは投資してもらうために重要なのですが)、あまり経営戦略をしっかりと勉強することはありませんでした。

Strategyの授業で記憶にあるのは、ポーターのCost Leadership、Differentiation、Niche Strategy, Value Chain や5-Forces、BCGのPPM, Technology StrategyではS-Curve, Innovation's Dilemma, Incremental and Destructive Innovation, Platform Strategyといったところくらいでしょうか。

そこで、経営戦略、事業戦略・計画に関する本や、流行りの外資系コンサルシリーズを中心に元あるいは現役のコンサルタントの著者の本を中心に消化していきました。

経営戦略とは何か、コンサルティングって一体何をするの?必要なAttitudeやSkilとはどんなものか?など素朴な疑問を持ちながら、実際に業務で必要に迫られてというのもあり、複数の本を並列に読みながら、読んではまとめ、まとめては活用できる部分は、業務に適用し、また別の本を読み、という作業を繰り返していきました。

下記は読んできた、あるいは今も読んでいる(というか途中でほったらかしている)本の一部です。

  • 外資系コンサルのスライド作成技術
  • 外資系コンサルのExcel作成技術
  • 外資系コンサルタントの企画力
  • IGPI流 経営分析のリアル・ノウハウ
  • IGPI流 ビジネスプランニングのリアル・ノウハウ
  • 経営戦略入門
  • 事業創造のロジック
  • 経営戦略全史
  • ビジネスモデル全史
  • 数字で考える力
  • はじめての事業計画の作り方
  • 実践型クリティカルシンキング
  • 世界で活躍する人はどんな戦略思考をしているか?
  • 会社は頭からくさる
  • 問題解決のジレンマ
  • ロジカルプレゼンテーション
  • コンサルタントの読書術
  • コンサル1年目が学ぶこと
  • イシューから始めよ
  • エッセンシャル思考
  • V字回復の経営
  • 戦略プロフェッショナル
  • 経営パワーの危機
  • なぜローカル経済から日本は蘇るのか
  • 経営力をフルサポートするITコンサルティングの教科書
  • ストーリーとしての競争戦略
  • コンサルティング業界はかわれるか
この他にも大前研一さんのBusiness Journal Vol1 - 5なども読み、MBAの復習と足りていない部分の補完、スライドやExcelなどはぼちぼちと実践しながらトレーニングしていきました。

Newspicksのコンサルティングファーム特集や、

コンサルティングファームのスライド集
https://newspicks.com/news/1107278?ref=user_277461

なども参照しつつ、マクロとミクロをいったりきたりしながら理解を深めていきました。



0 件のコメント:

コメントを投稿